トピックス

平成27年度第1回IZUMOミニ研修(H27.6.24)

法曹公正会第1回ミニ研修            
於 平成27年6月24日
テーマ;「交通事故損害賠償」
講師 松 村  直 哉 先生(54期)
                        報告 西澤真介(62期)

 平成27年6月24日(水)午後6時30分より、北浜法律事務所にて、平成27年度IZUMO委員会の第1回ミニ研修が開催されました。
研修では、「交通事故損害賠償」と題し、本年度大阪弁護士会交通事故委員会委員長の松村直哉先生(54期)を講師にお迎えして、講義をして戴きました。
 松村先生には、交通事故の法律問題を概観していただいた後、賠償責任者、賠償請求権者、実務上はシビアな問題である消滅時効、損害賠償の範囲、損害の種類、損害賠償金の支払い方法など基本的事項の解説をしていただき、さらに、損害算定の基準化・定額化、損害算定にまつわる困難な問題を解説していただきました。
 続いて、人身事故による積極損害に含まれる範囲として実務上認められているものについて講義いただき、休業損害の算定方法、後遺障害逸失利益の算定方法、死亡による逸失利益の算定方法を講義いただきました。
 他にも、慰謝料の算定方法、過失相殺の際の別冊判例タイムズの使い方、素因減額が認められる例、物的損害の際の留意点、自賠責保険と任意保険の違いから無保険の場合の救済(政府の自動車損害賠償保障事業)、その他の保険・公的給付と交通事故などについても講義いただきました。
 最後に、交通事故紛争の解決方法として、示談、訴訟、調停、ADRなどの長短を説明いただき、講義は終了しました。
 今年度の講義においては、平成26年7月に発行された「緑のしおり18訂版」、及び平成27年3月に発行された「交通事故処理マニュアル新版」の解説を含むものであり、登録後まもない先生方にとっても、交通事故事件処理の基本を学ぶことができるものでした。また、松村先生には、裁判になった時の立証の肝の話や交通事故委員会で毎年行っている各種団体との懇談会の裏話を披露いただけるなどし、講義は、交通事故事件の経験のある先生方にとっても大変興味をひくものでした。
今回のミニ研修は出席者が約20名であり大好評でした。
ミニ研修の終了後は、北浜の「ボーン グランデ アリア(Buon Grande ARIA)」で懇親会が開催されました。懇親会では、若手会員から経験のある先生方まで、実りのある交流をすることができました。

トピックス一覧へ戻る