1 はじめに

法曹公正会とは、親睦と相互扶助の精神に賛同した大阪弁護士会の会員によって構成される、親睦団体です。
大阪弁護士会における会派の一つに数えられています。

2 大阪弁護士会における会派とは

大阪弁護士会の会派は、会員の意見の集約と提言、弁護士会への役員・委員長等の人材の推薦や、会員間の親睦を図る目的で、同じ志を持つ会員で結成される任意団体です。
現在、大阪弁護士会には、その会員に拠って構成される7つの会派があります。

  • 友新会  (明治32年結成)
  • 一水会  (大正 4年結成)
  • 法曹同志会(大正 9年結成)
  • 法友倶楽部(昭和 5年結成)
  • 法曹公正会(昭和13年結成)
  • 春秋会  (昭和33年結成)
  • 五月会  (昭和46年結成)

各会派の移り変わり

各会派の移り変わり(PDF)

3 法曹公正会について

(1)歴史

法曹公正会は、昭和13年2月20日、法曹啓明会(昭和9年3月9日結成。明治32年4月結成の友新会及び大正9年6月結成の法曹同志会の両会派の流れを汲む会派)と、新生会(昭和10年5月28日結成)が合併して結成されました。

(2)結成の目的

当会は、会則において、「本会は,会員の親睦を図り且つ大阪弁護士会の健全な運営に寄与することを目的とし,右目的達成に必要な活動を行う」と定めているように、「会員相互の親睦に最重点におき,相互扶助の精神に徹し,互いに協力し合う会派として」結成されました。

(3)組織

法曹公正会の中には、総会・幹事会・執行部等の自治組織のほか、親睦や交流を図る委員会(企画・公報・フォーラム・提言・izumo・交流・HP)・10年目までの会員で結成される若手会・ゴルフによる親睦を旨とするKGCといった様々な組織があります。

委員会紹介
1 企画委員会
会員相互の親睦と研鑽を図るための企画を行うことを目的とする委員会です。
→公正会旅行、夏の総会の企画、新酒の会といったイベントを企画しています。
2 広報委員会
会員相互の親睦、情報交換等のため本会会誌「公正グリーン」、「公正」、「公正ニュース」、「アルバム」等の出版物の企画、立案、編集、校正等といった作業の他、「メーリングリスト」の管理・運営をしている委員会です。
3 フォーラム委員会
会員の問題意識を深め、研鑽を図るための講演、研究会等の企画を行うことを目的とする委員会です。
→年3~4回実施、その時々でトピックとなっているテーマ(人工知能、護身術、クレーム対応等)で講演会等を企画しています。
4 提言委員会
法曹界に貢献すべく会員相互に議論し意見をまとめ、これを本会の名を以って公表することを主たる目的とする。会合を開催した本会内の意見統一や活発化を図るとともに、冊子、ホームページその他の公表手段を利用して、本会の法曹界に関する意見を表明する委員会です。
5 IZUMO委員会
1)本会に入会した1年目から3年目の会員を中心として、基礎的・実務的な研修を行うとともに、先輩会員並びに同期の弁護士との親睦を図る場を提供する委員会です。
→年6回程度ミニ研修(労働、刑事、懲戒、破産、税務等)を企画しています。
2)本会の会員が、司法修習生あるいは弁護士経験のある弁護士(以下、経験弁護士という)で転籍を希望する者を勤務弁護士として採用することについて、情報の提供や出会いの場を提供する委員会です。
6 会員交流委員会
会員を登録期・性別・就職先等に区分し、同区分毎あるいは区分間において懇親会・交流会等の企画運営を行い、会員相互が互いを知り合う機会を設定し、もって更なる会員の親睦を図る委員会です。
→区分毎に部会として、インハウス部会(懇親会)、女性部会(マナー 講座等)を作り、各種企画を行っています。
7 HP委員会
会員相互の親睦、情報交換等のため、当ホームページ及びSNSアカウントの管理・運営を行う委員会です。